雇用する側は未経験でもOK

プログラマに転職したいと思っても、未経験では無理だろうと諦めていることも多いかもしれません。しかし、転職サイトなどには未経験可という求人もあるのです。確かにプログラマとして未経験で働くのは大変ですが、「なぜその職種を選んだのか」「なぜ今の会社を辞めようと思ってまで応募したのか」ということを明確に説明することができれば可能性は高くなっていきます。

企業側としても経験のない人材を何故募集しているのかといったことを記載している場合がありますので、そのような会社だと採用率も高くなるかもしれません。

積極的にプログラミングを学ぼうとするかどうか、分からないことは自分で調べて勉強していこうという姿勢があるかどうかということも見られているので、そのような心意気がある場合は仕事としてもやっていけるのではないでしょうか。年齢は少しでも若い方が有利だということはいえるでしょう。ブログラマになりたいならば1歳でも若いうちに転職した方が、確率は上がります。年齢を重ねるごとにその業界に転職できる確率は下がっていくともいえるでしょう。

経験がない場合、資格などもない場合、今まで自分が取り組んできた仕事でどのように頑張ってきたかということを説明できるようにしましょう。そして、その頑張ってきたことが今後プログラミングをする上でどのように役立つのかということも一緒に考えておくといいでしょう。今までの仕事への取り組みの姿勢で、プログラマとして頑張っていけるのかを判断するということもあるのです。

未経験の方は、まずプログラミングの本やサイトで自己学習をし、必要な言語や開発環境などを知識として取り入れていきましょう。そのあとは、プログラマとしての考え方やキャリアパスをしっかり考え、どの分野でチャレンジするかを漠然とでもよいので頭の中で枠組みしておきましょう。

そうすることで、未経験だけど応募できそうな案件を絞っていくことができるはずです。条件をある程度絞ったあとは、ひたすら勉強の毎日をがんばりましょう!

Leave a Reply