java初心者が習得すること

初心者の方がプログラミングを始めるときに、javaが使われることが多いようです。多くのプログラミング言語がありますが、システムでの採用実績からjavaを学んでおくと、様々な場面で習得した知識やスキルを生かすことができます。例えば、

オンラインのショッピングサイトでは、利用者が購入ボタンを押した後の在庫管理や決済などで使われていることが多いです。企業の業務システムでも使われていたり、身近なところではスマートフォンのアプリでも使われています。

プログラミングでは、数字の足し算引き算から、データベースへの処理まで学ぶことができます。特に、データベース処理はシステム開発で必須の機能です。データベースに保存されているデータを取り出して、データを変更して、再度データベースに登録し直すという処理は、どのシステムでも行っています。初心者の方が最初に概念を理解しておくことが後の実際の開発時に役に立ちます。

javaにはオブジェクト指向という性質があって、プログラムをモノの単位で分けて作成します。クラス、インスタンスといった独特の概念を理解する必要がありますが、プログラムの生産性を上げ、理解しやすくメンテナンスしやすいプログラムを書くことができます。最初はコマンドプロンプトの黒い画面に文字を出力するところから初めて、徐々に発展させていき、ブラウザでオンラインショッピングサイトを構築するところまで作ることができます。

Leave a Reply